フローリングの住宅においてラグを利用する

洋室であれば、フローリングになっていることが多いです。板間などになっていて、掃除をするには非常に楽になっています。ホコリ等が舞うことはほとんどありません。しかし、そのまま座っていたりすると痛くなりやすいです。また、子供などがこけたりするとき、すぐにあざができています。結構痛そうです。フローリングにおいては、床暖房などがついていることが多く、冬に冷たさを感じないことがあります。その面では良いのですが、そのままだと少し問題がありそうです。何か対策をしたいと考えています。じゅうたんを敷こうとする案もあったのですが、季節によって変えるのが少し面倒です。当然掃除などもその部分が大変になります。フローリングの良さが消えてしまいます。

住宅において、フローリング部分に対する対応として、ラグを利用することがあります。これは少し大きめのマットと言えるでしょうか。1畳から3畳くらいの広さのものになります。1畳よりも狭い場合はマットになるそうです。こちらであれば、ダイニングテーブルの下の部分だけ敷くことが出来ます。そうすれば、テーブルの足でフローリングを傷つけることはありません。掃除の時には、簡単に外すことが出来ます。そのたびに外して、ベランダなどで叩けば良いだけになります。リビングにおいても同様の使い方です。真ん中においているテーブルを中心にして敷くようにしています。その周りはフローリングのままです。3畳位あれば、十分な広さになっています。

子供部屋などにも使うことが出来ます。小学生くらいになると、友達を連れてくることがあります。全員の椅子を用意できませんから、そのまま座ってもらうことになります。中心に敷いておけば、そこに集まってくれます。お菓子などを食べると汚れることもありますが、全体を掃除する必要はありません。小型のものになると、洗濯機に入れて洗うことができることもわかりました。小型のものを組み合わせるようにすれば便利です。

 比べてお得!

Copyright (C)2017三世帯住宅の紹介について.All rights reserved.