住宅の家具のレイアウト

住宅において家具は毎日の生活にかかわる重要なものです。同時にその配置ひとつで空間は様々に変わり、居心地の良さも変化します。居心地の良い空間づくりをするためにはまず家具のレイアウトをしっかり見直し、空間を無駄なものでふさがないようにすることが必要です。

まず初めに考えるのはベッドの位置です。ベッドは最も面積の広い家具である場合が多いですから他の物よりも先にスペースを考える必要があります。生活の邪魔にならない場所を考えて配置し、いったん置いてみてもそこで確定せずに一度寝てみることも必要です。横になって落ち着かなければ場所を変えてみると良いでしょう。あとは机の位置を決めますが、購入前であれば机の形をしっかり考えて買わないと生活に合わないものを買ってしまうおそれがあります。丸か正方形か長方形かそれとも楕円か、また高さは低いか高いか、選択肢は幅広くあるのでよく考えて購入しましょう。ベッドと机の位置が決まればあとは周りに他の家具を配置していきます。空間を広く使うためには無駄なものでふさがないことが重要になってきます。最初に自分の生活を見直してみることも良い空間づくりにつながるかもしれません。

レイアウトを決めた後でも無駄を感じればその都度改善していきましょう。ものが増えて収納が足りない、ローテーブルを買ったが高さのある机が欲しくなったなどいろいろ出て来ると思います。生活の中で常に空間を意識し、より良くしていこうという姿勢が重要です。そうすることで空間は徐々に良いものへと変わっていくでしょう。

 比べてお得!

Copyright (C)2017三世帯住宅の紹介について.All rights reserved.